工法

DEAL STUDIO では建物の骨組み接合部分に ストローグ を採用しています。

( ※ ストローグとは株式会社ストローグの商標です。)

 

 

金物工法とは

 

金物工法は、木造軸組みで建築される継手や仕口といった木加工の接合部を金物に置き換えた工法 です。

 建築基準法では、在来軸組み工法での耐力壁の仕様などに応じて補強金物を選定するよう規定されていますが、金物工法では明確化された耐力数値でこの規定の耐力を満たすことができるため、補強金物を不要とすることができます。

  この規定は、阪神・淡路大震災後に接合部緊結不良が建物倒壊の要因の一つと指摘された背景から建築基準法が改変されたものです。

 金物工法が普及してきた背景としては、この阪神・淡路大震災での倒壊被害や、大工の高齢化に伴う人手不足などが挙げられます。

 金物工法を採用することで、断面欠損を小さくして強度を高められることや、接合部の耐力が明確化されているため安定した強度を期待できるなどのメリットがあります。

 また、加工や施工の簡略化による人手不足へ対応することや、施工の均一化により職人の技術差をなくすことができます。

 このように、一般的な金物工法では強度や施工性・精度などの観点で接合部が合理化されてきました。

 

 

  ストローグとは


ストローグは、会社名であり構法名でもあります。

 接合部を合理化するに留まっている一般的な金物工法とは異なり、ストローグ製品(コネクタ)の併用によって、従来の木構造では難しかった多様な木造建築を実現することが可能です。

 一般住宅においては、耐震性を向上させるために必要であった柱や壁を、接合部を強くすることで減らすことが可能となり、大空間や大開口も含めた自由度が高いプランニングを行うことができます。

 中大規模木造建築物では、鉄骨造やRC造でないと実現できなかった計画を、ピン接合部・ラーメン接合部・トラス接合部などを組み合わせることで木造にて実現可能となります。

 また、ストローグのコネクタは一般的な金物工法の製品と比べサイズが小さく、断面欠損がより小さくなります。

 スリット加工も小さいため美しい接合部となり、意匠性に優れた空間を実現できます。

 ◎一般的な金物工法
・断面欠損を小さくする
・接合部を合理化して施工性の向上
・接合部耐力の明確化

◎ストローグ
・断面欠損をより小さくする
接合部を合理化して施工性の向上
・接合部耐力の明確化
・コネクタを組み合わせることで自由な木構造を実現
従来の木造では実現できなかった大空間や大開口を実現
・鉄骨造やRC造を木造で計画することによるコスト削減
・あらわし構造でも美しく意匠性に優れた空間を実現

  「一般的な金物工法とストローグの違い」ストローグより引用

 

 

■耐震等級とは

 

簡単にいいますと地震に対する建物の強さを表す等級のこと。

その耐震性能は等級1から等級3まで3段階に分けられています。

 

【耐震等級1】(建築基準法の耐震性能を満たす水準)

いわゆる「新耐震基準」です
 
  • 数百年に一度程度の地震(震度6強から7程度)に対しても倒壊や崩壊しない
  • 数十年に一度発生する地震(震度5程度)は住宅が損傷しない程度

 

気になるのは、震度6~7の地震で「倒壊・崩壊しない」の文言です。

これは「倒壊はしないが、一定の損傷を受けることは認めている」という意味なのです。

住宅が倒壊すれば人命にかかわる問題になりますから、基準自体は正しいのですが、

その後で補修や、損傷の程度によっては建て替えが必要になる可能性があることは知っておいていただきたいです。 

 

【耐震等級2】

耐震等級1の、1.25倍の地震に耐えられる性能・耐震強度の水準です。

震度6強~7の地震でも一定の修繕で住み続けられるレベルです。

「長期優良住宅」では、耐震等級2以上が認定の条件とされています。

また災害時の避難所として指定される学校などの公共施設は、耐震等級2以上の強度を持つことが必須です。

 

【耐震等級3】

等級3は、耐震等級1の1.5倍の地震力に耐えられるだけの性能・耐震強度水準です。

住宅性能表示制度で定められた耐震性の中でも最も高いレベルであり、

一度大きな地震を受けてもダメージが少ないため、地震後も住み続けられ、大きな余震が来ても、より安全です。

災害時の救護活動・災害復興の拠点となる消防署・警察署は、多くが耐震等級3で建設されています。

震度7の揺れが、立て続けに2回起こった熊本地震では、

1度目は耐えたが2度目の地震で倒壊した住宅も多数あった中で、

等級3の住宅は2度の震度7に耐えていたことが、専門家の調査によって明らかになっています。

 

 

 

 <耐震等級2・3にするにはどうするの?>

 

 

  • 壁を強化:筋交いを入れる、構造用合板や耐力面材を使用する
  • 床と屋根を強化:床に構造用合板を張る。軽い屋根材を使い、揺れにくくする
  • 柱と梁の接合部を強化:接合金物を取り付ける
  • 基礎を強化:ベタ基礎で、コンクリートを厚くする
  • 梁の強化:強度の高い材を使う。

金物工法によって木材の加工を減らす

 

DEAL STUDIOの家は標準で最高等級の耐震等級3です!!

 

 

耐震等級3とするメリットは

 

  • 1つ目 固定資産税が最大5年間半額。
  •  2つ目 住宅ローンの控除額が5000万円の1パーセントまで  拡大。
  • 3つ目 住宅ローンのフラット35は10年間の金利0.25%安くなるフラット35S-Aの利用が出来る。
  • 4つ目 地震保険が5割安くなる。

 

 

しかもDEAL STUDIOの建物は全棟安心の耐震補償付きのLIXIL SSバリューを採用しています。

LIXIL 地震に負けない家造り

 

 

 

ページトップへ